乾燥肌に効果抜群のヒルドイド!効能の高さが人気の理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
砂漠の緑

肌トラブルの多くは乾燥から!

乾燥肌はバリア機能が低下している

ニキビや小じわ、シミなど女性の肌の悩みは尽きません。
しかし、これらの肌トラブルのほとんどは元を辿ると皮膚の乾燥が原因である場合が多いです。

肌が乾燥すると、水分が失われた分だけ皮膚に隙間を生じ、様々な外部刺激に対して敏感になってしまいます
そして、紫外線が当たればシミに、雑菌やゴミが付着すれば毛穴の詰まりやニキビを引き起こすという様に様々なトラブルを招いてしまうのです。

肌に何か気になる症状が表れた場合、私たちはそれぞれの症状に合わせた薬やスキンケアグッズを使ってなんとか治そうとします。
しかし、それ自体が肌に負担をかけてしまい逆に悪化させてしまったり、別の肌トラブルを引き起こしてしまう原因となってしまう場合もあります。

老化による肌トラブル

年齢を重ねると肌のトラブルは起こりやすくなります。
どんなに健康な人間であっても年をとる程に身体全体の水分量は減少するため、肌が乾燥し弱ってしまいます。

また、紫外線などによる蓄積されたダメージも徐々にあらわれはじめます。

しかし、「歳のせいだから仕方ない」と諦めてしまう必要はありません。
正しいケアを行うことで肌の健康状態を取り戻し、見た目の老化を遅らせることも十分可能です。

年齢に伴う水分量の変化

参考:大塚製薬「身体と水分」

ヒルドイドが万能保湿剤である理由

ヘパリン類似物質って?保湿剤の種類・特徴

保湿剤ヒルドイドの有効成分は「ヘパリン類似物質」というものです。
「ヘパリン類似物質」は水分子と結合しやすく、保水力に優れています。
そのため、ヒルドイドを皮膚に塗る事で角層にうるおいを与える事ができるのです。
ヒルドイドは低刺激で副作用が少ない事も特徴で、肌の弱い赤ちゃんやアトピー性皮膚炎の患者でも安心して使用できます

保湿剤はヒルドイドの様なヘパリン類似物質を利用した製品の他に、「尿素」を利用した物と「ワセリン」が主流となっています。
それぞれに異なる特徴を持っているため、用途や部位に合わせて使い分ける必要があります。

乾燥したかかと 「尿素」はヘパリン類似物質と同様に水分子と結合して皮膚に水分を与えます。
そして、「尿素」にはもう1つの働きとして角質融解作用があります。
皮膚表面の角質を溶かすため、ひじやかかとなどの皮膚が固くなりひび割れしやすい部分に塗ると肌が柔らかくなりとても効果的です。
ターンオーバーが乱れた肌に対してはピーリングと同じような効果があります。
この角質融解作用はとても強いはたらきため、分厚く固い皮膚にはとても効果的ですが、肌ダメージの大きい部分や皮膚の薄い部分への使用には不向きです。

ワセリンは不純物の少ないパラフィンという油脂でできています。
ワセリン自体には皮膚にうるおいを与える成分は含まれず、皮膚の表面を油の膜で覆う事で水分の蒸発を防ぐ効果があります。
そのため、既に乾燥している部分をうるおわせるのではなく、乾燥しやすい部分に塗って乾燥を防止するといった使い方が合っています。

成分 刺激性 特徴 使える部位
ヘパリン類似物質 ない 角層にうるおいを与える
低刺激・副作用が少ない など
全身の皮膚
尿素 ある 角層にうるおいを与える
角質誘拐作用がある
固く角質化している部分
ワセリン ない 皮膚表面をコーティングする
乾燥防止に向いている
乾燥しやすい部分

ヒルドイドは保湿効果が高く皮膚を健康にしてくれる!

乾燥肌
ヒルドイドに含まれるヘパリン類似物質は1度水分子を捕らえると簡単には離しません。
これにより水分の蒸発を防ぎ、乾燥により生じてしまった皮膚の隙間をカバーしてしまいます。

つまり、ヒルドイドには保湿効果とともに、皮膚のバリア機能を高める効果もあると言えます。

乾燥肌の人は皮膚がダメージを受け弱っている場合が多いので、ヒルドイドで保湿をしながらバリア機能の正常化を図る事でアレルギーや感染症の予防にもなります

保湿だけじゃない!ヒルドイドの嬉しい効果

ヒルドイドには代表的な3つの効果があります。

1.保湿

上にも書いた通り、乾燥した肌に水分を与えながらバリア機能の回復を行います。
乾燥が原因となる肌トラブル全般に効果があります

ヒルドイドは荒れた肌の治療だけでなく予防としての効果もあるので、気になる症状がある場合は早めの対応がおすすめです。

2.代謝促進

肌のターンオーバー

皮膚の代謝を活発にし、ターンオーバーを促します
傷跡などがある場合はヒルドイドを塗って代謝促進させる事で綺麗な肌と入れ替える事が可能です。

また、ヘパリン類似物質には傷口の修復にはたらく「線維芽細胞」いう細胞の増殖を抑える働きもあります。
傷口がしこりやケロイド状になってしまった場合は線維芽細胞が増え過ぎている可能性があるため、ヒルドイドを塗る事で治療ができます。

ヒルドイドクリームを通販でお得に購入

3.血行促進

外傷による腫れやあざ・腱鞘炎などの場合、内出血やうっ血により皮膚の下に血が溜まってしまいます。
そのままにしておくと溜まった血液で神経を圧迫されて痛みが出たり、血行不良により治りが遅くなってしまいます。
ヒルドイドには血を固まりにくくする作用や血流を良くする作業があるため、このような部分に塗ると完治が早くなる場合があります。
また、しもやけなどの冷えが原因の炎症の場合もヒルドイドで血行促進させる事で良くなります。

血行促進作用や抗炎症作用を期待する場合にはヒルドイドゲルがおすすめです

ヒルドイドゲルを通販でお得に購入

このエントリーをはてなブックマークに追加