ヒルドイドゲルってどんな物?他のヒルドイドシリーズとは別物?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒルドイドゲルって?

単に「ヒルドイド」と言う場合は、保湿剤である「ヒルドイドソフト軟膏0.3%」「ヒルドイドクリーム0.3%」「ヒルドイドローション0.3%」の3種類を指す場合が多いです。

では、ここに含まれない「ヒルドイドゲル」とはどんな商品なのでしょうか?
ソフト軟膏やローションを使用している患者でも、ヒルドイドゲルは見た事も聞いた事も無いという場合も少なくありません。

ヒルドイドゲルは保湿剤ではない!?

「ヒルドイドゲル0.3%」はマルホ株式会社が製造・販売している「抗炎症血行促進剤」です。
ヒルドイドゲルは保湿剤ではありませんが、保湿剤であるヒルドイド3種類と同様に有効成分としてヘパリン類似物質を0.3%含む塗り薬です。

保湿剤であるヒルドイドとヒルドイドゲルを比較すると、添付文書に書かれている効能・効果が若干異なっています。
記載の順番が入れ替わっているので少しわかりにくいですが、ヒルドイドゲルでしか得られない効能・効果はありません。
逆に「皮脂欠乏症」の記載は保湿剤である「ヒルドイドソフト軟膏0.3%」「ヒルドイドクリーム0.3%」「ヒルドイドローション0.3%」にしかありません

ヒルドイドソフト軟膏0.3%
ヒルドイドクリーム0.3%
ヒルドイドローション0.3%
ヒルドイドゲル0.3%
血栓性静脈炎(痔核を含む)
血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患(注射後の硬結並びに疼痛)
凍瘡
肥厚性瘢痕・ケロイドの治療と予防
進行性指掌角皮症
皮脂欠乏症
外傷(打撲、捻挫、挫傷)後の腫脹・血腫・腱鞘炎・筋肉痛・関節炎
筋性斜頸(乳児期)
外傷(打撲、捻挫、挫傷)後の腫脹・血腫・腱鞘炎・筋肉痛・関節炎
血栓性静脈炎
血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患(注射後の硬結並びに疼痛)
凍瘡
肥厚性瘢痕・ケロイドの治療と予防
進行性指掌角皮症
筋性斜頸(乳児期)

ヒルドイドゲルはどんな時に使えば良いの?

添付文書の「効能・効果」欄の記載順序はメーカーが自由に設定できますが、効果の高いものやメーカーが推奨する使用用途をより上に記載する場合が多いです。

ヒルドイドゲル0.%の場合、「外傷(打撲、捻挫、挫傷)後の腫脹・血腫・腱鞘炎・筋肉痛・関節炎」が1番最初に書かれているので、これらの症状への使用が最もおすすめです。

保湿剤であるヒルドイド3種類が保湿により皮膚のバリア機能を回復させる効果があるのに対し、ヒルドイドゲルは血腫や関節炎など皮膚の内部のトラブルの解消に特化した薬のようです。
そのため、ヒルドイドゲルは皮膚科よりも整形外科などで処方されるケースが圧倒的に多いです。

他のヒルドイドシリーズと成分の違いはあるの?

ヘパリン類似物質の含有量はどれも0.3%なので、違いは基材と呼ばれる薬の形状を決める添加物の部分のみです。
他の保湿剤であるヒルドイドとヒルドイドゲルの大きな違いは、油分を含まない点です。

保湿剤であるソフト軟膏・クリーム・ローションは、その保湿力を保つために成分として油分を含み皮膚をカバーするようにはたらきます。
また、保湿剤である3種類は肌の広範囲に均一に塗り付けやすくするためにも油分を含んでいる方が良いのかもしれません。

ゲル状の化粧品 ヒルドイドゲルの基材に含まれる特徴的な成分は「カルボキシビニルポリマー」というものです。
カルボキシビニルポリマーはヒルドイドローションにも含まれますが、ヒルドイドゲルの方が圧倒的に含有量が多いです。
カルボキシビニルポリマーは化粧品などにもよく使用されるゲル化剤で、これが含まれることによってヒルドイドゲルはゲルの形状を保っているのです。

ゲル状の薬は水分を多く含むため冷却効果があり、筋肉や関節の痛みを緩和する作用があります
独特のひやっとした塗り心地や清涼感はヒルドイドゲルならではのものです。

値段はどれくらい違うの?

ヒルドイドゲルは1gあたり13.6円と定められています。
保湿剤であるソフト軟膏・クリーム・ローションは全て1gあたり23.7円です。

効果・効能が異なるため一概には比較できませんが、ヒルドイドゲルは若干値段設定が低く設定されているようです。

用途に合わせて使い分けよう!

ヒルドイドゲルに保湿効果は無いの?

ヒルドイドゲルの効能・効果には「皮脂欠乏症」の記載はありませんが、ヒルドイドゲルもヘパリン類似物質を含んでいるため全く保湿効果が無いというわけではありません。
また、カルボキシビニルポリマーも水分を多く含み保湿効果のある成分だとされています。
しかし、製造・販売元が保湿効果について言及していない以上、保湿に最適とは断言できません。
保湿はできなくもないが「皮脂欠乏症を改善を期待できる程ではない」という事かもしれません。

医療用医薬品は目的に合わせて正しく使用するのが原則です。
保湿なら「ヒルドイドソフト軟膏0.3%」「ヒルドイドクリーム0.3%」「ヒルドイドローション0.3%」、うちみなどの内側のトラブルには「ヒルドイドゲル0.3%」としっかり使い分けましょう。

しかし、どうしてもクリームやローションのべたつきが気になると言う場合は保湿にヒルドイドゲルを試してみる価値はあるかもしれません。
油分を含まない分効果は落ちるかもしれませんが、被覆性が低いので厚塗りに違和感を感じてしまう人にはゲルタイプの方がかえって良いという使用者の意見もあります。

その場合はあくまでも自己責任での使用となりますので、経過観察をきちんと行い、異常が見られた場合にはすぐに使用を中止するようにしましょう。

ヒルドイドゲルを通販でお得に購入

ヒルドイドゲルの使い方

ヒルドイドゲルはそのまま患部に塗りつけても良いですが、ガーゼや絆創膏の内側に塗って患部に貼りつけるとより効果的です
こうする事により長時間の外出などの際も塗り直しせずに効果が持続します。
朝・晩に患部の様子を確認して貼り直すと良いでしょう。

副作用はほとんどありませんが、他のヒルドイドシリーズと同様に出血している部分や炎症が酷い部分には塗るのを控えましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加