知って安心!ヒルドイドとステロイドの使い分け 塗る順番は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒルドイド?ステロイド?2つの薬は何か関係があるの?

同時に処方される事も多いヒルドイドとステロイド

ヒルドイドもステロイドも、どちらもアトピー患者にはなじみ深い薬です
同時に処方されることも多く、両方使用した事があるという人も多いのではないでしょうか。
また、病院・薬局によっては2つの薬を混ぜた混合剤の状態で処方されることもあります。

ヒルドイドとステロイドの役割は違う!

ヒルドイドもステロイドも名前くらいは聞いた事があるかもしれませんが、馴染みのない人にとってはどのような薬なのかいまいちピンとこないと思います。
どちらも同じような症状に処方される薬なのだから似たような効果なのでは?と思われても仕方ありません。
しかし、2つの薬の役割は完全に分かれています

ヒルドイドは乾燥した肌の保湿に利用されます
ソフト軟膏・クリーム・ローションの3種類がありますが、どれも保湿効果は同じです。

ステロイドはアトピー性皮膚炎による免疫の過剰反応を抑えたり、かゆみや炎症を緩和する働きがあります
「ステロイド」は薬に含まれる有効成分の名称なので、実際には成分の濃度や効き目により様々な名称のステロイド薬が発売されています。
また、塗り薬以外にステロイドを含む飲み薬や注射剤などもあります。

ステロイドはどんな薬?

ステロイド薬の成分

ステロイドの錠剤 ステロイド薬に含まれる有効成分はそのまま「ステロイド」です。
ステロイドは同じ構造をもつ複数の物質の総称で、薬に配合されるのはステロイドの中でも「ステロイドホルモン」と呼ばれるごく一部のものです。
薬の成分として扱う場合は「ヒドロコルチゾン」「デキサメタゾン」などさらに細かい名称で表記されます。

ステロイドホルモン以外に、かゆみ止めの成分や抗生物質を混ぜて効果を上乗せしたステロイド薬もたくさん発売されています。

ステロイド薬の効果

ステロイドの効果は主に免疫反応の抑制とそれによる抗炎症作用、かゆみなどのアレルギー反応の緩和です。
ステロイド薬には皮膚疾患により傷付いた肌を修復する作用はありませんが、かゆみを取り除く事で肌の掻きむしりを防ぎ、肌状態の更なる悪化を食い止める事ができます。

ステロイドの副作用

ステロイド薬はアトピー性皮膚炎による酷い炎症やかゆみにはとても効果がある薬です。
しかし、様々な副作用があり使用が難しい・できればあまり使用したくないという声も非常に多いです。
不安になる気持ちもわかりますが、短期間の使用であれば大きな副作用が起こる可能性は低いです
あまりステロイド薬に頼り過ぎず、本当に必要な時に必要な量だけを使用するようにしましょう。

また、どんな副作用があるのかしっかりと理解しておけば、いざという時も慌てずに対処できますし事前に対策する事も可能です。
ここでは特に注意が必要な副作用とその対策について説明します。

易感染性

ステロイド薬は免疫反応を抑えるので、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなる事があります。
ステロイド薬の使用中は外出時にはマスクを着用したり、帰宅時に手洗い・うがいをするなどでしっかり予防しましょう。

糖尿病

ステロイドホルモンは体内では血糖値を上昇させる働きがあります。
糖尿病の治療法である食事療法・運動療法は血糖値の過度な上昇を防ぐので予防策としても効果的です。

骨粗しょう症・圧迫骨折など

ステロイド薬には骨を作る細胞の働きを弱め、骨を脆くする作用がある事がわかっています。
薬の使用が長期になりそうな場合はカルシウムを積極的に摂取するなど骨密度が下がらないよう工夫が必要です。
骨密度検査は病院でも数百円で簡単に受けられます。
気になる場合は1度病院で調べてもらっても良いかもしれません。

両方処方された場合どちらを先に塗れば良いの?

塗る順番を変えても薬の効果は同じ

マルホ株式会社HPの「ヒルドイドFAQ」によると、ステロイドとの併用の場合は塗る順序を変えても効果に差は無いとの事です。

迷ったらヒルドイドを先に塗っておけば間違いない!

どちらを先に塗るのかは病院でも特に説明されない場合が多いようです。
また、使用者の意見としてはヒルドイドを先に塗るという人が多数派のようです。

理由としては、ヒルドイドとステロイドの場合に限らず広範囲に塗る薬を先に、狭い範囲に塗る薬を後にした方がトラブルが起こりにくいのではないかと考えられるためです。
複数の薬を重ね塗りすると、どうしても先に塗った薬は後に塗った薬と混ざって一緒に塗り広げられてしまう事になります。
ステロイドはとても効き目の強い薬なので、不必要な部分にまで塗り広げてしまうのはあまり良くありません。
逆に、ヒルドイドは副作用も少なくステロイドよりも安全性の高い薬なので、多少広く塗ってしまっても問題が起こりにくいと思われます。

別の理由として、ステロイド軟膏は粘度が高くそのままでは塗り辛いため、先にヒルドイドなどの保湿剤を塗っておくと肌が柔らかく滑りが良くなるので塗りやすくなると考える人もいるようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加